どうしたらいいの?ホームページ作成の裏技

普通のサイトをスマホで見ると表示が小さくて見づらい

古くからあるホームページをスマートフォンで見ると問題が起きることが多いです。それは、表示されている文字や画像が小さくてよく読めないというものです。なぜそのようなことが起きるのかというと、スマートフォンの画面解像度に鍵があります。スマートフォンの解像度はほぼパソコン用のモニターと同じぐらいですが、モニターと比べると圧倒的に画面が小さいです。そのため、ウェブサイトの表示も小さくなってしまうというのです。
この問題を解消するためには、解像度は高いものの、画面の大きさは小さいというスマートフォンの適正に合う形で、ホームページをデザインしなければなりません。では、スマートフォン用のデザインをデフォルトのデザインと両立させるためにはどうすればいいのでしょうか。

PCとスマホを振り分けて適切なデザインを見せる方法

両立させるためには裏技的なテクニックを使うことになります。まず、原始的といえる方法として、スマートフォンでのアクセスと判定した場合は、スマホ専用のサイトに飛ばしてしまうというものが挙げられます。つまり、普通のサイトとスマホ用のサイトの二つを作成し、htaccessやmod rewriteなどを使って振り分けてしまうわけです。ただ、この方法だと二つのサイトがそれぞれ別ドメインでの運営になってしまうため、管理が面倒です。
では、一つのドメインで普通のサイトとスマホ用のサイトを両立させるにはどうすればいいのかというと、ホームページにPHPを仕込み、アクセスがPCによるものかスマホによるものかを判定したあと、スマホだったらスマホ用のCSSを読み込ませるという方法があります。これだとドメインもHTMLも同一で、デザインのみPCとスマホでそれぞれ違う風に見せることが可能です。

ホームページ作成の方法には、自分で直接HTMLを打って作る方法、ソフトを使う方法、業者に頼む方法があります。